悩める症状の原因解明!数多の女性が気になる薄毛の真実に迫ろう

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

薬で治せるAGA

薬

販売までの流れ

AGA治療薬のプロペシア(フィナステリド)は、脱毛原因である悪玉男性ホルモンの発生を抑える内服薬です。最初からAGA治療薬として開発されたわけではなく、もともとは前立腺肥大を抑える薬として誕生しました。1992年に前立腺の治療薬としてアメリカ食品医薬品局「FDA」に認可されたのが、プロペシアの前身プロスカーという内服薬です。そのプロスカーを飲んだ前立腺肥大患者たちに多毛症の副作用が認められたことから、改めてAGA治療薬として研究が始まりました。そして1997年にAGA治療薬としてプロペシアがFDAに認可され、その後世界中に普及していきました。日本では2005年に厚生労働省の認可を受けています。

AGAリスクを調べる

日本国内のほとんどの発毛クリニックでプロペシアを出しています。名古屋にある発毛クリニックでも、AGA治療をする上で欠かせない内服薬となっています。名古屋市内でAGAを治したいなら、とりあえず名古屋の発毛クリニックを受診してみるのがお勧めです。カウンセリングを受けてみて、自分の薄毛がAGAかどうかを調べてもらうだけでもできます。AGAになりやすい体質かどうかを調べるAGA遺伝子リスク検査は、名古屋では1万円〜2万円ほどで受けられます。この検査では、毛根を数本採取するだけで遺伝的にAGAリスクを持っているかどうかが分かります。また、プロペシアが効きやすい体質かどうかも判明します。原因がはっきり分かれば、効率的に無駄なく薄毛治療ができます。